越川選手と中学生バレーボーラーが医療従事者を応援!フェイスシールド5,000枚寄贈事業をサポートしよう!

ご挨拶

はじめまして。

この事業を企画させていただきました、古澤清(株式会社アイチ 代表取締役)と申します。

この度、日々コロナ禍で闘っている医療従事者の方や職員の皆様を応援するため、医療現場で必要なフェイスシールドを5,000枚寄贈するプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

医療従事者や職員の皆様は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向けてウイルスに立ち向かい、心身に負担がかかる中でも強い使命感を持って、業務に従事していただいています。最前線で闘っていただいている医療従事者や職員の皆様に敬意をはらうとともに、私たちにも何か力になることはできないかと考え、バレーボール男子元日本代表の越川優選手にご協力いただき、今回のプロジェクトを立ち上げることとなりました。

今年8月に全国各地で開催される「子供達の夢と笑顔を守りたい!YuMe~夢~バレーフェスタ2020」にて、参加される中学生のバレーボール選手、またご家族の方にご協力いただき、フェイスシールド1枚1枚に感謝の気持ちをメッセージカードに込め、医療従事者や職員の皆様にお届けしたいと考えています。

「感謝の気持ち」と「必要な物資」

この双方を送りお届けすることは、このコロナ禍でもより良い社会を築いていくことができる一助になると信じています。

多くの皆様からのご支援をお待ちしております。
越川 優/Yu Koshikawa

プロビーチバレーボール選手
元・全日本男子代表(キャプテン)
北京オリンピック代表
石川県金沢市出身

高校卒業後、サントリーサンバーズ、イタリアセリエA、広島JTサンダースなどの所属経歴を持つ。
2002年、17歳史上最年少でパンパシフィック大会に初選出され優勝。
主な代表歴として、2008年北京オリンピック出場や、二度の世界選手権出場。
2005年のアジア選手権大会では10年振りの優勝を果たし、ベストスコアラーを獲得。
また、Vリーグでは三度の日本一に輝き、二度の大会MVPを始めとし、サーブ賞など、数々の受賞歴を持つ。
破壊力抜群の高速ジャンプサーブ、最高到達点3m47cmの高さを生かした強烈なスパイクが武器であった。
現在、2017年にプロビーチバレーボールプレイヤーに転向し、世界中で開催されるワールドツアーに参戦し活躍している。
「子供達の夢と笑顔を守りたい!」
YuMe~夢~バレーフェスタ2020

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、様々なスポーツイベントの中止、延期が余儀なくされました。

中でも、中高生のスポーツイベントの中止により、

これで引退になってしまう中学三年生たちのことを考えると、胸が苦しく、

今私たちが出来る事は何なのか、

子供達の夢を希望の灯火を守りたい、

寂しい思い出ではなく、最後の楽しい思い出を残してあげたいと思い、今回、全国9つのエリアブロックでバレーフェスタを行うことを企画しました。

こどもたちに

「それぞれの夢、それぞれの笑顔」

をスローガンに、未来に希望を持って、強く、逞しく進んでほしいと心から願っています。

まだまだ感染拡大リスクがある中ではありますが、国・日本バレーボール協会が提案するガイドラインを徹底し、参加者全員が安全安心して行えるイベントにしたい。

バレーボールを通じて、夢の大切さを感じてもらい、これからの人生の糧にしてほしいと心から願います。

https://yumevolleyfesta.wixsite.com/yume2020

                                  

主催:YOU+YU Project

代表:越川優


背景
衛生用品は、世界的な品薄から価格の高騰が続き、病院経営を圧迫する一因となっており、本来使い捨ての衛生用品を、消毒や洗濯を行い、使いまわしている現状があります。
また、コロナ禍の緊迫した医療現場では、医療従事者の精神衛生の維持にも負担がかかり、さらには心無い住民からのコロナ差別があり、医療従事者を取り巻く環境へ配慮が求められています。
目的
衛生用品調達の一助として、フェイスシールドを寄付し、消毒や洗濯などの手間を簡略化する事で、本来の医療行為に専念できる環境をつくります。また、医療従事者の精神衛生や環境などの改善を行い、医療従事者を支えて間接的な支援を行います。
効果
・医療従事者への労働環境の改善、病院経営の経費負担の軽減に繋がります。
・支援者、企業、医療機関、学生のパートナーシップを創出します。
・本事業はSDGsのゴール3・4・17に関連しており、中学生が実際の体験から
 SDGsを学ぶことができます。
SDGs推進項目
GOAL3  全ての人に健康と福祉を
GOAL4  質の高い教育をみんなに
GOAL17 パートナーシップで目標を達成しよう
支援金の使い道
・フェイスシールド購入費用 5,000枚
・メッセージカード購入費用 5,000枚
・発送費
手法
コロナ禍のなか日々従事されている医療現場の皆様へ、中学生が応援の気持ちをメッセージに込め、メッセージをフェイスシールドに貼ってお届けします。
報道機関へプレスリリースを行い、地域の中学校、医療機関、企業、クラウドファンディング支援者との持続可能な連携を地域や全国へ広く発信します。
医療従事者の皆様へフェイスシールド贈呈の様子
対象者
①寄贈先:日本医師会
②寄贈者:越川選手とバレーボール中学校の生徒
③提供者:クラウドファンディング支援者
広報計画
TV各社
新聞各社
過去実績

大阪府 堺市立津久野中学校
実施日:2020年6月3日(木)
医療従事者の皆様から御礼のメッセージ
【運営より 決済方法について】
当クラウドファンディングはクレジットカードでの決済となります。

ご使用いただけるクレジットカード
VISA(ビザ)
Mastercard(マスターカード)
American Express(アメリカン・エキスプレス/通称アメックス)

ご使用いただけないクレジットカード
JCB(ジェイシービー)
Diners Club(ダイナースクラブ)

上記のクレジットカードがない場合は、起案者様に連絡をいただき、銀行振込などの手続きをとってください。
起案者様が代理で決済入力の手続きを行います。
起案者
古澤 清
090ー3169ー2067
kenakenaaichi@yahoo.co.jp

現在の支援金額

242,000 円

16%
目標:1,500,000 円

支援者

14人

残り時間

44日

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

1,000 円

支援者:2 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

3,000 円

支援者:0 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

5,000 円

支援者:2 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

10,000 円

支援者:7 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

30,000 円

支援者:2 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

100,000 円

支援者:1 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

200,000 円

支援者:0 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。

300,000 円

支援者:0 人

配送方法:メール

心を込めてお礼メールをお送りします。
支援頂いた寄付金は、医療機関支援に使わせて頂きます。