『子ども達の居場所 小松市初となるフリースクールを作りたい』

☆親の会『とまり木café』左にいるのが私です
【自己紹介】
こんにちは!山田香織といいます!

この度、石川県小松市で初となるフリースクールを立ち上げることになりました!

私には4月から中学生になった息子と
19歳になる娘がいます。

息子は小学校2年生の時に自閉スペクトラム症 ADHDという発達障害がある事がわかりました。
3年生の時に担任との相性が合わずに暴れ、授業妨害を繰り返すようになり…
5年生の2学期から不登校になりました。

不登校の子供は石川県内に1611人、小松市に145人いるそうです。私は学校だけが居場所ではない、それぞれが個性を輝かせることができる居場所が必要であると考えています。

そんな子達の居場所を作りたいと思い、これまで15年間、子育てをしながら働いてきた保育士を昨年12月に退職し、小松市初となるフリースクールを4月にスタートしました。いろいろな方にご協力いただきなんとかスタートしましたが、設備など、まだまだそろえたいものがたくさんあります。

保育士として学んだ事、息子を通して感じた事、自分が過ごしてきた時間をもとに一人一人に関わっていきたいと考えています。今回、クラウドファンディングを通じてみなさんにご支援いただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
【「とまり木」に込めた思い】
フリースクールの名前は「とまり木」といいます。

『いつも一生懸命じゃなくていいんだよ
疲れた時にはとまり木に休みにおいで』


50%の自分で居られる場所を作りたい..
そんな思いを込めて名付けました。

ありのままを受け入れてくれる場所
ありのままを出せる場所


学校という場所を選ぶ子ども
お家という場所を選ぶ子ども

色々な形があっていいと思います。

『不登校』
学校へ行かない子どもが増えているのが、問題になってきているという声を最近よく耳にします。

学校へ行く事が正しいのでしょうか?
義務教育を受けていない事は、問題になるんでしょうか?
学校へ行かないで家にいるのは甘えているということになるんでしょうか?


学校へ行く事が『絶対』なんてないはずだと思っています。
学校という1つの規格に合う子、合わない子がいるのは、当然のことだと私は思っています。

食事や洋服にいくつも種類があるように
自分の過ごせる場所も自分で選択出来たらいいなと思っています。

色々な選択をする子どもが居ていいと思います。

それが、『当たり前』の時代になってほしいと思っています。
右に写っているのが私です。
【きっかけ】
私は息子を学校に行かせるのが正しいと思っていました。

小学校2年生で自閉スペクトラム症 ADHDと診断され、学校で暴れていましたが、私はなんとか学校に馴染んでほしいと考えていました。しかし、息子の言葉で私の考えが変わりました。

『僕を地獄から解放してほしい』

衝撃でした。

息子にとって学校とは…地獄。どういう事…意味がわかりませんでした。

学校に行かせるのが正しいと思っていた。
息子のためだと思っていた。
でも息子の人格が壊れていく。
そこまでして学校って、勉強って、
人との関わりって、社会って大切なのか?

その問いを考えた時

私は、
『息子が安心出来る場所で過ごせたら良い』
そこにたどり着きました。 
☆皆んなで意見交換会もしました
【これまでの活動】
これまで、いろいろなフリースクールを見学してきました。
どこのフリースクールに行ってもそこには
その子どもの居場所があって…
どの子どもも笑顔で過ごしていました!

ここは絶対に必要な場合だ!

と確信しました。

『居場所がないなら作れば良い』

そう動き始めると、それに賛同して一緒に動いてくれる仲間が集まってくれました!そしてある本を紹介してもらいました。
☆私が目指したい『デモクラティックスクール』
『大人が決めるのではなく
子どもが自分で考え・決定して作っていく学校』


まさしく
私が作りたい・目指したいと思っている場所
がそこにありました。

「デモクラティックスクール」とは、1968年設立のサドベリーバレースクール(アメリカ・マサチューセッツ州)と同じ教育理念で運営されている学校のことを指します。

「子ども達は自ら学び育つことができる」

<デモクラティックスクールでの学び方>

「人は自らの好奇心から学ぶとき、深く集中して学ぶ」という考えのもと、自分の興味からやりたいことをします。
誰かから与えられたものに取り組むのではなく

自己選択・自己決定という
「自分主体の学び方を身につける」
こと
「自らの成長に責任を持つ」
こと
「好奇心を失わないままで学ぶ力と学び方を身につける」こと
の三つを学び方の大切なこととしています。

ありのままの自分を受け入れ自分の学びたいことをとことん追求していく。

この本との出会いは衝撃でした!

『私もこんな場所を作りたい』

目指したい場所が決まりその目標に向けて走り出すことにしました。
【どんなところ】

フリースクールとまり木には
カリキュラムがありません。
大人が作ったルールがありません。

子ども達が自分で考え選んで来てくれた場所。
そこを安心できる場所。

また次来たいと思う場所にする。
まずは、小さい一歩かもしれません。
その小さい一歩が次に繋がる一歩になれるよう!
そんな一歩を踏み出す子どもたちの場所を支援して一緒に作り上げていきます!

学校に行かないと選択した子どもたち…
学校に行かないということへの不安…
学校へ行かないと選んだ自分への罪悪感…
色々な思いを持った子ども達がいると思います。

初めは私も不安でいっぱいでした。
何とかして行かせようともしました。

色々な事があった中、私が思った事…

『自分で選んで行動してくれた事…
 自分の身体や心を守る為に選んだ事…
そう伝えるのにどれだけ勇気がいったのか?
 行けないっていうまでどれだけの時間1人で 苦しんできたのか?』

学校に行かないのは学校という場所から逃げているのではないと思っています。

そこに自分の居場所がないから…
そこに必要性を感じないから…

しかし…家にいる事で
勉強もしないでゲームばかりしてこれからどうなるのか?
と考えてしまうと思います。

人と関わらなくて社会と関わらなくて大丈夫なのか?
と考えてしまうと思います。

何とかして社会や人と繋げた方がいいのでは?
と思いますよね?

ただただ
待つって…
見守るって…
こんなにしんどい事があるのかって思います。

でも1番辛くて自分を責め続けて苦しんでいるのは子ども本人なのではないかと思います。

少し外に出てみようかなって思った時に
『こんな場所あるよ』
って言える場所であってほしいと思っています。

『ここにはあなたがあなたらしく
居られる場所があります』

その時に必要なルールやカリキュラムは
来てくれた子ども達と一緒に考え
1つ1つ作っていきたいと思っています。

学校でしか学べないこともあると思います。
学校ではないから学べることもあると思います。

少人数だから1人1人の意見を聞く機会が持てて
実現していく過程を一緒に体験していく事ができる。

大人が強制しなくても子どもはなりたい自分になる為に
自分に必要なものを学んでいくと思っています。

自分の意見をしっかり持ち
それを表現する事は集団の中で
自分が幸せに生きる為の重要なスキルなんじゃないでしょうか?

安心、信頼できる人や環境の中ありのままの自分を表現できる場所

皆さんで
『日本一個性を輝かせる場所』
のお手伝いをして頂けないでしょうか。
☆野菜作りもしていきたいです
☆子ども達が興味のあるプログラミング教室を取り入れていきます
☆自然の中で過ごす時間も大切にしていきたいです
☆おうちごはんでカレー作りをしました!
☆素敵なお家作りもしたいな
☆2階の部屋^_^みんなが大好きな部屋
【石川県での不登校の実態】
石川県内での不登校の児童
H30年度 小学生 439人
中学生 1172人 計1611人

小松市内での不登校の児童
H30年度 小学生 43人
中学生 102人 計145人

ではその子ども達の居場所は?

小松市では…ふれあい教室(小松市教育センター内にある)

1月に40〜50人程の小中学生が利用している。
その中には1月に1回しか来れていない子どももいる。

その子ども達の居場所は?
『お家』という事になる。

何故お家にいるのか?
何故外に出ないのか?

出ようと思った時に行きたいと思う魅力を持った場所が無いからなのではないでしょうか?

学びたい、知りたいと思う瞬間はあると思う。
しか受け入れてくれる場所がない。

『個性を輝かせる子ども達の居場所が必要です』
☆学校復帰を前提としたサポートから教育の選択肢の提供
【社会も変わりはじめた】

今まではフリースクール等への登校が
国公立の小中学校の出席日数としてカウントされる例は少なく
あくまでも…

学校への復帰

を前提とした補助機関として捉えられていました。

2017年に作られ
義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機関の確保等に関する法律(教育機会確保法)

※不登校の児童生徒が通いやすい民間のフリー・スクールや公立の教育支援センター
特別な教育課程をもつ不登校特例校など
学校以外の教育の場所を提供して、過ごすことを認める。

不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)』(2019.10.25)

※ 不登校児童生徒への支援・児童生徒の社会的自立に向けた支援
が行われていますが、不登校児童生徒数は依然として高水準で推移しているのが事実です。

これを受け,文部科学省におきましては
法第7条に基づき,平成29年3月31日,教育機会の確保等に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針を策定しています。

さらに平成30年12月から
『不登校に関する調査研究協力者会議』及び『フリースクール等に関する検討会議』
において法の施行状況について検討を行っております。
過去の不登校施策に関する通知における不登校児童生徒の指導要録上の出席扱いに係る記述について、教職員研修等を通じ,全ての教職員が法や基本指針の理解を深め,個々の不登校児童生徒の状況に応じた支援等を行うことができるよう努めるとともに,不登校児童生徒に対する教育機会の確保等に関する施策の推進を図っていきます。

法律にもあるように…

従来のように学校復帰を前提とした施策から学校への復帰を前提とせずにこうした多様な学びを認めていく

という方向に少しずつ進んできています。
☆現行の法律におけるフリースクールの壁
【フリースクールの課題】

フリースクールは公的支援を受けていない無認可の学校なので、

経済的負担
があります。

世界人権宣言第26条第3項に

親は子に与える教育の種類を選択する優先的権利を有する

とあるにも関わらず子どもの事を考えて教育の種類を選択しても
社会はそれを認めてくれていないのが現状です。

ニーズはあるのに金銭的な面で通わせることができない!

この問題があるのが現実です。

それは保護者だけではなくフリースクール側も同じです。

立ち上げる→資金が無くなり経営できなくなる→居場所が無くなってしまう→悪循環になってしまう

この負の連鎖を断ち切りたいです‼️

今…金沢の方では
『フリースクール連絡協議会』
が、立ち上がり動き始めています。

小松市でも
近々立ち上げる方向で検討しています。

少しづつではありますが
着実に前進してきています‼
【支援金の使い道】

☆目標金額と達成した際の内訳

*目標金額 1000000円

(内訳)
*環境資金 300000円

※今部屋の中には何もありません。
子ども達自身から『○○したい』という声があった時に環境を設定する資金に
使いたいと考えています。

*設備投資 400000円

子ども達が快適に過ごせるような設備資金に使いたいと考えています。
キッチン【調理器具】【冷蔵庫】【レンジ】等
ホワイトワイトボード【お知らせ掲示板】
子ども達の目の届くところに、大きなホワイトボードを設置してイベント情報や、話すことが苦手な子たちとの意見交換ルートとして使っていきたいと考えています。

*イベント運営費 200000円

※月に1〜2回子供達の意見を聞きながら様々なイベントを開催していきたいと考えています。
その際に必要な準備資金・運営費用として使いたいと思っています。

*看板設置 100000円

※現在目印になるものがなくて、場所が分かりにくいとの声を頂きました。
そこで、子どもたちと一緒に看板作りをしようと考えています。

皆様のご支援ご協力よろしくお願いします!
☆子供達との意見交換の1つとしてホワイトボードを設置したいです。
【最後に】

お家から一歩外へ出てみるって凄く
エネルギーがいる事だと思います^_^

とまり木を選んで来てくれた1人1人を大切に…
とまり木に預けてくれた親御さん1人1人を大切に…
関わっていきたいと考えています。

『一緒に楽しむ』事から信頼関係が出来ていくのではないかと考えています。


この子どもたちの
個性が輝かせる場所を
一緒に作っていただけませんか?


ご支援 ご協力の程よろしくお願いします!
運営より 決済方法について
当クラウドファンディングはクレジットカードでの決済となります。
ご使用いただけるクレジットカード VISA(ビザ)
Mastercard(マスターカード)
American Express(アメリカン・エキスプレス/通称アメックス)
ご使用いただけないクレジットカード
JCB(ジェイシービー)
Diners Club(ダイナースクラブ)

上記のクレジットカードがない場合は、起案者様に連絡をいただき、銀行振込などの手続きをとってください。起案者様が代理で決済入力の手続きを行います。

現在の支援金額

1,106,000 円

110%
目標:1,000,000 円

支援者

137人

残り時間

終了済み

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、支援者がプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

3,000 円

残り8人

支援者:42 人

配送方法:メール


☆お礼のメール
※クラウドファンディングが終了しましたらmessenger又はメールにて

フリースクールとまり木スタッフ一同を代表して

山田香織が心を込めてお一人お一人にお礼のメールを送らせていただきます。

2020年7月お届け予定

5,000 円

残り3人

支援者:50 人

配送方法:郵送


☆感謝状
※連絡先宛に気持ちを込めた
感謝状を郵送させていただきます!

(一社)日本己書道場24期
己書笑結(えむ)道場 道場師範
『小杉佑貴子さん 直筆』

※上記の物は、私へのプレゼントとして頂いた時のものです。

2020年7月お届け予定

10,000 円

残り11人

支援者:31 人

配送方法:郵送


☆感謝状
※連絡先宛に気持ちを込めた
感謝状を郵送させていただきます!

(一社)日本己書道場24期
己書笑結(えむ)道場 道場師範
『小杉佑貴子さん 直筆』

2020年7月お届け予定

☆ 【いただき繕】さんの
『みゃくえん』 『モリンガ』をブレンド …
【モリンガ塩 100g】 を郵送させていただきます。

*『みゃくえん』
地中海のギリシャ中西部・メソロンギ潟湖で採取された、自然の陽光と風が創りあげる天日塩で、一切加熱処理していない自然のままの結晶です。

塩には、身体を温め、新陳代謝を活発にし、血行を良くし、体内の老廃物を出してくれる生命のベースとなる働きがあります。

*『モリンガ』
コンゴ共和国の自社農苑で栽培・加工された自然栽培のモリンガです。

「ワサビノキ科」に属する植物です。別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」
とも呼ばれており、様々な栄養素が豊富に含まれている貴重な食物です。

近年、アンチエイジング効果が注目されている、ポリフェノールが赤ワインの8倍も含まれていると言われています。

アミノ酸は米酢の97倍! 
鉄分はプルーンの82倍! 
ビタミンEは卵の96倍! 
カルシウムは牛乳の16倍! 
食物繊維はレタスの28倍! 
葉酸はホウレン草の4.6倍などなど…
すごいデータがあります。

これだけ優秀な栄養成分を豊富に含んでいる植物は本当に珍しく、その高い栄養価と効能から海外では
「緑のミルク」「生命の木」
と呼ばれています。

※先着20名


2020年7月お届け予定

10,000 円

OUT OF STOCK

支援者:3 人

配送方法:対面


☆感謝状
※連絡先宛に気持ちを込めた
感謝状を郵送させていただきます!

(一社)日本己書道場24期
己書笑結(えむ)道場 道場師範
『小杉佑貴子さん 直筆』

2020年7月お届け予定

☆アロマ一回無料体験

(向 麻紀さん)
※紹介
8種類の厳選されたエッセンシャルオイルを使用し、背中と足裏に塗布します。「自律神経の乱れ」「免疫力低下」などの反応に働きかけ、身体が健康な状態に回復するのをサポートします。

※有効期限 ~9月末まで
     
※日程 火曜・金曜  午前中(45分間)
           (時間は応相談)

※予約方法  山田香織messengerにて連絡
    又は 090-8098-8031
(フリースクールとまり木連絡先)
※交通費は自己負担にてお願いします。

【新型コロナの影響により延期になる場合には
 Facebook又はメールにてお伝えします。】

10,000 円

残り6人

支援者:4 人

配送方法:対面


☆あん摩マッサージ指圧師

(坂口 浩司さん)
※長生学園を卒業後 東京で10年修行されます。その後能美市にて、訪問マッサージを始められました。
痛みが取れ自律神経のバランスを整えることが出来てスッキリします!

※30分一回無料体験
※有効期限 6月〜8月(2ヶ月間)

※月曜又は木曜 13時〜(30分間)
※1日 先着2名まで

※予約方法 山田香織messengerにて連絡
   又は 090-8098-8031
     (フリースクールとまり木連絡先)
※交通費は自己負担にてお願いします。

【新型コロナの影響により延期になる場合には
Facebook又はメールにてお伝えします。】

20,000 円

残り7人

支援者:3 人

配送方法:対面


☆『一緒にフリースクールを作ろう
  意見交換会』
※ 場所 フリースクールとまり木
    (小松市八幡103-1)
※『テーマ』
第1回 今子ども達に必要とする
   フリースクールの在り方
第2回 子どもが自ら学ぶ体験学習をするために
   必要なスキル
第3回 今 子ども達に必要な教育とは何か?
※意見交換を基にレポートを作り
 個人に提示する。
※小松市フリースクール連絡会に提示する。
 (意見書に名前記載 任意)
※日程  
第1回 7月10日(金) 19時〜20時
第2回 8月7日 (金) 19時〜20時
第3回 9月11日(金) 19時〜20時
      (参加は自由となります)
※交通費は自己負担にてお願いします。
【新型コロナの影響により延期になる場合には
 Facebook又はメールにてお伝えします。】


☆ 【いただき繕】さんの
『みゃくえん』 『モリンガ』をブレンド …
【モリンガ塩 150g】 を郵送させていただきます。

*『みゃくえん』
地中海のギリシャ中西部・メソロンギ潟湖で採取された、自然の陽光と風が創りあげる天日塩で、一切加熱処理していない自然のままの結晶です。

塩には、身体を温め、新陳代謝を活発にし、血行を良くし、体内の老廃物を出してくれる生命のベースとなる働きがあります。

*『モリンガ』
コンゴ共和国の自社農苑で栽培・加工された自然栽培のモリンガです。

「ワサビノキ科」に属する植物です。別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」
とも呼ばれており、様々な栄養素が豊富に含まれている貴重な食物です。

近年、アンチエイジング効果が注目されている、ポリフェノールが赤ワインの8倍も含まれていると言われています。
アミノ酸は米酢の97倍! 
鉄分はプルーンの82倍! 
ビタミンEは卵の96倍! 
カルシウムは牛乳の16倍! 
食物繊維はレタスの28倍! 
葉酸はホウレン草の4.6倍などなど…
すごいデータがあります。
これだけ優秀な栄養成分を豊富に含んでいる植物は本当に珍しく、その高い栄養価と効能から海外では
「緑のミルク」「生命の木」
と呼ばれています。

2020年7月お届け予定

30,000 円

残り4人

支援者:1 人

配送方法:対面


☆感謝状

※連絡先宛に気持ちを込めた
感謝状を郵送させていただきます!

(一社)日本己書道場24期
己書笑結(えむ)道場 道場師範
『小杉佑貴子さん 直筆』

2020年7月お届け予定

☆『一緒にフリースクールを作ろう
  意見交換会』

※ 場所 フリースクールとまり木
    (小松市八幡103-1)

※『テーマ』

第1回 今子ども達に必要とする
   フリースクールの在り方
第2回 子どもが自ら学ぶ体験学習をするために
   必要なスキル
第3回 今 子ども達に必要な教育とは何か?

※意見交換を基にレポートを作り
 個人に提示する。
※小松市フリースクール連絡会に提示する。
 (意見書に名前記載 任意)

※日程
第1回 7月10日(金) 19時〜20時
第2回 8月7日 (金) 19時〜20時
第3回 9月11日(金) 19時〜20時
      (参加は自由となります)
※交通費は自己負担にてお願いします。

【新型コロナの影響により延期になる場合には
 Facebook又はメールにてお伝えします。】





50,000 円

残り2人

支援者:1 人

配送方法:対面


☆ スクール内のホワイトボードに
ゴールドスポンサーとして提示します。 (任意)

☆『一緒にフリースクールを作ろう
  意見交換会』

※ 場所 フリースクールとまり木
       (小松市八幡103-1)

※『テーマ』

第1回 今子ども達に必要とする
   フリースクールの在り方
第2回 子どもが自ら学ぶ体験学習をするために
   必要なスキル
第3回 今 子ども達に必要な教育とは何か?

※意見交換を基にレポートを作り
 個人に提示する。
※小松市フリースクール連絡会に提示する。
 (意見書に名前記載 任意)

※日程
第1回 7月10日(金) 19時〜20時
第2回 8月7日 (金) 19時〜20時
第3回 9月11日(金) 19時〜20時
     (参加は自由となります)
※交通費は自己負担にてお願いします。

【新型コロナの影響により延期になる場合には
 Facebook又はメールにてお伝えします。】



100,000 円

OUT OF STOCK

支援者:2 人

配送方法:対面


☆ スクール内のホワイトボードに
プラチナスポンサーとして提示します。
(任意)

☆『一緒にフリースクールを作ろう
  意見交換会』

※ 場所 フリースクールとまり木
      (小松市八幡103-1)

※『テーマ』

第1回 今子ども達に必要とする
   フリースクールの在り方
第2回 子どもが自ら学ぶ体験学習をするために
   必要なスキル
第3回 今 子ども達に必要な教育とは何か?

※意見交換を基にレポートを作り
 個人に提示する。
※小松市フリースクール連絡会に提示する。
 (意見書に名前記載 任意)

※日程
第1回 7月10日(金) 19時〜20時
第2回 8月7日 (金) 19時〜20時
第3回 9月11日(金) 19時〜20時
     (参加は自由となります)
※交通費は自己負担にてお願いします。

【新型コロナの影響により延期になる場合には
 Facebook又はメールにてお伝えします。】