アキヤママサキ

金沢市

「金沢美術工芸大学 学生応援プロジェクト」のリーダーをしています!
このプロジェクトでは新型コロナウイルスの影響により美大生として、また一人のクリエイターとして思うような制作、作品発表ができない現状を作家たち自らの手で打開していこうという意思のもと、発足いたしました。

<ステートメント>
 人の顔には多大な情報が内包されており、体調や感情、性格などその人に関するあらゆる事柄が顔から読み取ることができる。幼い頃から無意識のうちに顔色を伺ったり自身の顔を気にしたりと、日常的にも最も注目しているモチーフであり、その情報量の多さ、複雑さによってあらゆる表現方法を受け止めてくれる強固な土台でもあると感じている。
 「その人らしさに迫る」といったモデル主体のものではなく、作者主観として「顔を起点とした絵画表現の研究」をテーマに制作を行っていく。大きなタッチや現実とは違う色彩などを用いた抽象表現的な要素を駆使しながら画面上でモチーフを解体、そこから技巧的に再構成し、最終的にはモデルの容貌が認識できるような具象絵画を目指す。

<略歴>
1995 岡山県で生まれる。その後すぐ奈良県へ
2014 奈良県立高円高等学校 美術科卒業
2016 金沢美術工芸大学 美術科 油絵専攻入学
2020 同大学 卒業
   同大学大学院美術工芸研究科修士課程 絵画専攻油画コース入学

2013 第66回 創造展(大阪)
   読売新聞社賞/大阪画材賞 受賞
2018 グループ展『voir/savoir 見ること/知ること(石川)』
2019 グループ展『第25回 北陸国展(石川)』
   第93回 国展(東京) 入選
   第54回 関西国展(京都) 入選(賞候補)
2020 グループ展『第26回 北陸国展(石川)』
   グループ展『第63回 金沢美術工芸大学卒業制作展(石川)』
   「美術の窓 2020年5月号」掲載

http://instagram.com/akiyama_agjwpd
https://twitter.com/Akiyama_Masaki

メッセージを送る

  • ◀︎
  • ▶︎